代表理事挨拶


 UCLA2019年に百周年を迎えます。皆さんはUCLAキャンパスに最初に足を踏み入れた時の感動を思い起こされることでしょう。私自身、57年前のことを思い起こします。キャンパスで、IT化社会の原点ともいえる黎明期のコンピュータと初めて対面した時の感動、その瞬間に私の人生は変わりました。その後の人生はコンピュータとネットワークと共にあります。多様な文化や価値観を日常生活を通して提供し続けるUCLAキャンパス。今までの常識を覆すような価値観に接したとき、それ以降の人生も変わるのではないでしょうか。 

 

 益々混とんとする世界。情報過多の時代だからこそ、多様な文化や人たちと直接触れ、語り合うことの重要性が増しているのではないでしょうか。今後成長著しいアジアの東の入り口にある日本。その高度成長が期待されるアジアに接する機会の最も多いアメリカ大陸西海岸に位置するUCLAキャンパス。急速に進歩する科学とそれに伴って変化する文化の交流点として、日本で先端技術の最も集積する地、最大の商業都市東京に接する柏の葉キャンパスをその拠点としてUCLAが率先してリーダシップを発揮することは100周年記念に最もふさわしい事業と信じ設立されました。

 

村井 勝

 

UCLA will celebrate its Centennial in 2019. Do you remember the first time that you set foot on the UCLA campus? I recall my experience 57 years ago as my life changed instantly with the excitement as I first saw the early computer that can be considered the start of the digital society. Computers and networks have been part of my life since that day. The UCLA campus continues to provide exposure to diverse cultures and values through daily life. Lives are being changed by contact with values that overturn conventional wisdom.

 

As the world becomes more confusing, meeting diverse cultures and persons to communicate directly is becoming ever more important in this era of information overload. Japan is the eastern entry to rapidly growing Asia and the UCLA campus is located on the West Coast of the American continent that has the most opportunities to come in contact with Asia. I believe that the UCLA Japan Center will be one of the most appropriate contributions to the UCLA Centennial. The Center’s location on the Kashiwa-no-ha Campus adjacent to Japan’s commercial metropolis Tokyo in the midst of the greatest concentration in Japan of advanced technologies will allow UCLA to take a leading role by providing a base for exchanges with rapidly progressing science and changing cultures.

 

Masaru MURAI